The Complete Untitled Film Stills

Museum of Modern Art, 2003

Cincy Sherman(シンディ・シャーマン)


セルフ・ポートレート写真で知られる有名アーティスト、シンディー・シャーマンの初期代表作品シリーズである"Untitled Film Stills"の全作品モノクロ69点が収録された完全版写真集です。
彼女は1977年、大学卒業後の23歳のときに本シリーズに取り組み始めます。最初は自らがブロンドの映画女優に扮することから実験的に始めています。その後、マリリン・モンローやソフィア・ローレンのなどの映画のワンシーンの架空のスティール写真を自らがヒロインとなるセルフポートレートとして製作していきます。
1954年生まれのシンディー・シャーマンは子供時代から映画好きで、多数の女優のイメージを蓄積していたそうです。彼女はポップアート同様に映画という戦後の大衆文化を作品に取りこもうとしています。そして、ナルシシズムを感じさせる作品は、自作自演に酔うだけではなく、みずからが被写体になることでフィクションの中にリアリティーを見出そうとしているのです。
1980年以降、作品はカラーとなり、シリーズ名も"Untitled"となります。"Untitled Film Stills"シリーズは1995年にニューヨーク近代美術館のコレクションとなっています。

シンディ・シャーマン プロフィール