Slide Show:
The Color Photographs of Helen Levitt

powerHouse Books, 2005

Helen Levitt(ヘレン・レヴィット)


人種渦巻くニューヨークのストリートシーンを優しい視点でとらえた40年代のスナップショットで高い評価を得たヘレン・レヴィット。1943年にニューヨーク近代美術館で個展、1992年にはサンフランシスコ近代美術館で回顧展が開催されています。
彼女は1959年と1960年にグッゲンハイムの奨学金を得て約20年前にモノクロで行ったニューヨークのストリート撮影をカラーで再び行っています。しかし、この貴重なカラー黎明期の作品は1970年にほとんどが盗まれてしまい、彼女は再度取り組むことになります。
カラーによる新作は1974年にニューヨーク近代美術館でスライドショー形式で紹介されています。

本書には1959年、1960年撮影の貴重な8点を含むカラー作品合計109点が収録されています。一部作品は2001年刊の"Crosstown"(PowerHouse Books)収録のカラー作品と重なりますが、約半数は完全な未発表作品です。序文は元MoMA写真部長のジョン・シャーカフスキー氏です。

ヘレン・レヴィット プロフィール