Any Objections?

Bulfinch, 1998

Mario Testino(マリオ・テスティーノ)


ファッション写真で現在最も成功した一人であるマリオ・テスティーノの初写真集です。写真集に収められたイメージはほとんどが未発表のプライベート写真です。グッチなどのファッションキャンペーンやヴォーグ誌などのファッション雑誌のものを予想していた方 にはやや意外かもしれません。テスティノは大胆にも初写真集を自分の過去の仕事集にはしなかったのです。
収録されている写真にはスーパーモデルのナオミ、カーラやポップスターのマドンナ、エルトン・ジョンも含まれています。しかし有名人には全く似つかわしくない意外な場所や状況で撮られたプライベート写真です。全体のトーンとしてサブ・カルチャーを意識してセレクションされた場所、人物、肉体、風景のモチーフがテスティノのナチュラルでユーモアとセクシーさを持った視点で撮影されています。その視点は彼のファッション写真にも通じるものがあるのです。
初写真集は仕事で使われた露出回数の多い写真を収録することが一般的な中、この様なイメージのセレクションはなかなかできません。テスティーノの自分の写真に対する強い自信を感じます。
読者の評価も分かれているようです。彼の一連のファッション写真を知っている人には 彼の発想のベースになっているイメージが理解でき興味深い写真集になると思います。しかし彼の写真を全く知らない人には良い悪いの判断が難しい写真集かもしれません。 どちらかと言うと中級、上級者向けの写真集だと思います。本のタイトル"Any Objection?"(エニー・オブジェクション?)を日本語に訳すと"何か文句があるか?" という問いかけです。テスティーノはもちろん"ノー"という答えを確信しているわけですが、あなたの答えはどうでしょうか?
本のデザインはステファン・ガンとヴィジョネアが担当しています。写真のレファレンスが最後に載っていて非常に便利です。

マリオ・テスティーノ プロフィール