Werke 80-08 / Works 80-08

Hatje Cantz Pub; Bilingual版, 2009

Andreas Gursky(アンドレアス・グルスキー)


アンドレアス・グルスキー(1955-)は、2001年にはニューヨーク近代美術館で個展を開催している、現代アート分野で世界的に活躍するドイツ人アーティストです。

本書は、2008年から2009年にかけて欧州、カナダを巡回する写真展開催にあわせて刊行されたもの。約28年にも渡る長いキャリアを初めて本格的に回顧しています。巨大サイズの作品で知られるグルスキーですが、本展は大半の作品が比較的小さなサイズで制作されたことにより実現したとのこと。写真集も手にとって作品が見やすい小ぶりサイズになっています。ドイツ国立フォルクヴァング・ホッホシューレ・エッセンでの学生時代や、ベッヒャー夫妻に学んだデュッセルドルフ・クンストアカデミーの初期作品から
最新作まで、作家本人のセレクションによる未発表を含む約150点が収録されています。


ハードカバー、約272ページ、サイズ26 x 20.4 x 2.8 cm、
カラー約174図版を収録。

アンドレアス・グルスキー プロフィール