2023-1-21

  

リチャード・プリンス

PRINCE, Richard (1949-)

リチャード・プリンスは1949年生まれの米国人作家です。70年代後半より、アメリカ・ポップ・カルチャーの膨大なイメージの中から象徴的なものを引用しヴィジュアル作品を制作しています。マルボロ・マンのカウボーイ作品は特に有名で、雑誌、ビルボード広告を撮影し、文字部分を取り去り粗いカラーで近代資本主義を象徴するヴィジュアル作品にしています。 当時は、複写された写真が作品になることで、オリジナリティーや著作権に対する疑問の声も聞かれました。 いまでは彼の作品は過去30年の米国アートの中で最も革新的だと評価されています。2002年からはロマンス小説のカバーをスキャンしてプリントアウトし アクリルをその上に塗る、「The Nurse painting」シリーズに取り組んでいます。

1970年代中盤、プリンスはタイム社に努める野心的な画家でした。彼は雑誌ライターに切り抜きを提供する仕事を行っていました。記事を切り抜いた後には、日用品、モデル、大衆の欲望を掻き立てる商品などを紹介する、光沢がある広告写真が残されていました。彼は広告写真をカメラで複写し始め、それをトリミングし、さらに拡大して、自分のアート作品として売り始めました。彼は特にカウボーイのモチーフに強い関心を持ちました。それらは時にマルボロ・タバコの広告写真で描写されていたものでした。彼による、作品の中に過去の写真などの著作物を取り込むアプロプリエーション・アートは、アート界に多大なインパクト与えました。それらは、訴訟を引き起こしたり、また現代アート系オークションでの落札最高額記録を作りました。
最近では新シリーズ制作のために、現代のテクノロジーを用いて1980~90年代の雑誌タイムを再び見直しました。彼のカウボーイへの思い込みをインスタグラム時代まで押し広げ、広告の持つ真実性、アプロプリエーション力、独創性がかつてと同様に非常に高いことを指し示そうとしています。2014年の、他人のインスタグラム写真から制作したインスタグラム・ペインティングの 「New Portraits.」はアート界で論議を巻き起こしています。 2007年にはニューヨークのグッゲンハイム美術館で本格的回顧展”Richard Prince: Spiritual America”を開催。2011年には、パリのフランス国立図書館”Richard Prince: American Prayer"を開催しています。

オークションで作品が高額で落札される人気作家としても知られています。2014年5月12日のクリスティーズ・ニューヨークで開催された現代アート・オークションでは、エクタカラー、サイズ60.9 x 50.8 cmの、"Spiritual America, 1983"、エディション10の作品が手数料込みで$3,973,000.で落札されました。当時の写真作品のオークション高額落札ランキングでは、アンドレアス・グルスキーの”Rhein ll, 1999”の$4.338.500.に次ぐ史上2位でした。



Richard Prince: Cowboy

リチャード・プリンスの代表作カウボーイの40年間を振り返る!

read more